BIRDS BY TOIKKA annual 2014  Alder thrush

とてもカラフルでポップなバード

お店を立ち上げた時から

なんとなく、自身のコンセプトと似ているような気がして

いつかは入荷したいと思っていたバード

 

BIRDS BY TOIKKA

annual 2014  Alder thrush

f:id:ri_kn:20211230122732j:plain

 

paletteというストアのコンセプトは

『日常にちょっとしたカラーを』

いつもの日常にが少しでもカラフルになるように

そんな想いで始めた

 

芸術も、日常も、積み重ね、

美しいもの、美しいこと、素敵な日々も

何かを積み重ねた結果、そうなったと感じるので

そんな意味も込めて

ショップカードにはレンガをデザインしている

 

 

 

さてバードの話に戻ろう

Ruby bird 

www.palettebird-blog.com

 

100th Dove

www.palettebird-blog.com

 

 

それらと同じラスターのヘッド

頭部を作る際にラスターがクチバシ方向に引かれる事によって

ラスターにラインができるのが美しいと思う

f:id:ri_kn:20211230122807j:plain

 

 

 

サイズ感も首の傾き具合もほとんど一緒なので

モデルや形は一緒なのだろう

f:id:ri_kn:20211230122815j:plain



 

 

 

ガラスというより陶器のようなホワイトボディは

willow grouseと同じような質感

そのボディの上にゼリーのような透明感のある

カラフルガラスが全体にバランスよく振り掛けられている

www.palettebird-blog.com

 

 

 

このバードのようなガラスやラスターが散布されているバードは

個体差の決め手はほとんどこのガラス量、ラスター量だと思う

選ぶ際にはぜひ気に入ったものを選んでいただきたい

ちなみにうちの子は緑のグラスが多く爽やかな印象が持ちやすい

f:id:ri_kn:20211230122843j:plain

 

 

 

 

よく見るとホワイトボディの中に入り込んでいるガラスもあったり

表面に載っているようなガラスもあったりと

触った質感もボコボコと面白いバードだ

このカラフルガラスの濃淡はどうやって作っているのだろうか

製造工程も気になるバード

f:id:ri_kn:20211230122856j:plain



 

 

底面にはサンドブラストでのサイン

2013から2014にかけてヌータヤルヴィ工場の閉鎖から

イッタラ工場へ統合された

転換期にもなっているため刻印には

IITALA のものと nuutajarvi のものがある

ちなみにこちらはヌータヤルヴィのもの

アニュアルバード特性の2014のサインももちろん入っている

f:id:ri_kn:20211230122908j:plain



 

 

 

光の透過をしないバードは逆光になると

どうしても重たい雰囲気になりやすいのだが

(それもバードの個性として好きだし、認めている)

いろんなカラーガラスが散布されていることもあり

鮮やかさ、抜け感が表現されていて

陶器っぽいバードの中ではポップな印象を残している

f:id:ri_kn:20211230122920j:plain



 

 

 

たくさんのカラーの入った色鮮やかなバードなので

ドライフラワーのような淡いものと合わしてみる

するとカラーのバランスが似た風合いになるためとても相性が良い

 

肌寒くなった季節も相まって

ドライフラワーだけではなんとなく

寂しい、冷たいような空気になるのだが

このバードを一緒に飾ることで

とてもいい雰囲気になるんじゃないかなと思う

f:id:ri_kn:20211230122937j:plain

 

 

 

 

久々のバード記事だったが

ショップをするに至って思い入れもあったような

annual 2014 Alder thrush

なんとなく自分のやりたいこと、想いと似ている?

そんなことを感じれるバード

 

 

f:id:ri_kn:20211230122958j:plain

BIRDS BY TOIKKA

annual 2014  Alder thrush