BIRDS BY TOIKKA Pekkasiini brown

 BIRD BY TOIKKA Pekkasiini  brown

f:id:ri_kn:20201210164441j:plain

ヌータヤルヴィ社

生誕200周年を記念して造られた

Pekkasiini brown

1994-1996年に製造されたバードで

1993-1994にはグリーンのPekkasiiniが販売されていた

 

グリーンの記事はこちら↓

www.palettebird-blog.com

 

2013年には

同社の工房が閉鎖するに伴い

300体限定でこのPekkasiini brown が

復刻されたのだがこちらは初期のモデルのもの

 

復刻版はもうすこしクリアっぽいブラウンであり

初期の方がヴィンテージ感漂う、琥珀色が濃いボディ

 

f:id:ri_kn:20201210170017j:plain

自分が所持しているバードの中でも

かなりお気に入りの一羽で

この細くツンと尖ったクチバシがとても繊細でアーティスティック

 

f:id:ri_kn:20201210165821j:plain

そしてこの細く長い尻尾もとても気に入っている

このような壊れてしまいそうな繊細さに

バードの魅力が詰まっているように思える

 

またこの尻尾のさきのさきまでブラウンが入っているのもとても美しい

pekkasiiniのような

クリアなガラスで包まれているようなバードでは

尻尾がクリアになっている個体も多いので

この奥までカラーが入っている尻尾が

個人の好みの問題ではあるが自分としてはとても気に入っている理由だ

 

※決して尻尾にカラーが入っている個体がレアとかそうゆう話ではないです

 

f:id:ri_kn:20201210170905j:plain

Pekkasiini同士並べてみると

こんな感じ

いろんなサイトなどを覗いてみると

ブラウンの方がグリーンより

シュッとした見た目の個体が多いと思う

 

f:id:ri_kn:20201210172541j:plain

ブラウンはスマートな美しい曲線を描いているのに対し

グリーンはふっくら可愛いシルエットになっている

 

それにしてもこの二羽を同時に飾ると、とっても美しい

グリーンとブラウンという

補色に近い関係のカラーリングなのに

全くカラーが喧嘩せずに

綺麗にまとまっていると思う

 

f:id:ri_kn:20201210173126j:plain

f:id:ri_kn:20201210203218j:plain

影はこんな感じ

ラスター部分は透過せずに

ブラウン部分だけ投下するので

豹柄のような模様が浮かび上がる

このPekkasiiniはラスターの班が少ない個体なのでで

影もけっこうブラウンが透過している

 

f:id:ri_kn:20201210174047j:plain

ヌータヤルヴィシールもついている

このシールがついているとヴィンテージ感がたっぷり

このシールはちなみにお魚

 

f:id:ri_kn:20201210203103j:plain

f:id:ri_kn:20201210203133j:plain

裏から見るとこんな感じ

サインはサンドブラスト

 

しゃもじのように(笑) 綺麗な曲線で

しっかりブラウンが隅から隅まで入っている

尻尾部分がガラスの密度が濃くなるためグラデーションのように

濃いブラウンになっているのもかっこいい

 

f:id:ri_kn:20201210203612j:plain

和の雰囲気にもぴったりな

モダンなPekasiini

ぜひぜひ二羽ともGETして欲しいバード

 

Pekkasiini brown

1994-1996