ARABIA Irina

大胆な筆入れで大きな花模様

それでいて繊細で上品

そんな優雅な印象のカップ

ARABIA  Irina

f:id:ri_kn:20211121222534j:plain



 

一つ一つのお花は熟練の職人さんによって手書きで施され

中心は薄く、そこから広がるように濃く描くことにより

花びらの奥行きも感じられる

f:id:ri_kn:20211121222624j:plain



加えてソーサーも同じハンドペイントのお花

マグのような一個完結型の食器もいいけれど

特別な日やおもてなしにはソーサーは欠かせない

ソーサー、カップともにハンドペイントでとても贅沢な雰囲気がある

 

葉の葉脈一本一本も細く描かれている

『美は細部に宿る』とはこのことだ

f:id:ri_kn:20211121222652j:plain

 

 

装飾デザインはエステリトムラ

個人的にはエステリトムラのデザインは

ラインがしっかり描かれていて可愛くカジュアルなものが多いと思っている

このIrinaのように繊細に描かれているものは

珍しい印象で、ちょっと驚いた

それでもやっぱりエステリトムラの装飾には惹かれるもんなんだな

f:id:ri_kn:20211121223144j:plain



 

 

 

このIrina

1971年から1972年の2年間の短い生産期間だったため

なかなか市場で見かけるのもむずかしい

f:id:ri_kn:20211121222750j:plain

f:id:ri_kn:20211121223112j:plain



色違いでElsaという青色、藍色のシリーズも販売されているので

いつかぜひ紹介したいと思う

 

 

 

 

 

フォルムデザインもとても素敵

カップの持ち手に繊細で優雅な雰囲気がある

独特の持ち手デザインが花模様とも相性がいい

他のARABIA食器と比べても飲み口も薄めで軽やかな印象

 

ぶつけてしまうとあっというまに壊れてしましそうな

上品な繊細さはかなり芸術的だ

f:id:ri_kn:20211121222848j:plain

f:id:ri_kn:20211121222920j:plain

 

 

 

ホットコーヒーとちょっとのおやつ

JAZZでも聴きながら、

静かに上品に過ごしたい、

そんな日のパートナーになりそうなカップ

f:id:ri_kn:20211121223024j:plain

ARABIA     Irina