BIRDS BY TOIKKA Little kiwi  2017

2017年に1000体限定で販売されたバード

 

Little kiwi

f:id:ri_kn:20210131174910j:plain

オイバトイッカのバードの中でも

人気シリーズのkiwi系のバード

 

小さなコロンとしたフォルムのKiwi

kiwiシリーズの中では手に入りやすいバード

 

f:id:ri_kn:20210131155825j:plain

頭部はKiwiシリーズの特徴ともいえる

まっすぐ斜め下方向に伸びるクチバシ

親鳥?のKiwiには及ばないけどしっかりと特徴を捉えたくちばし

 

頭部は黒色のガラスで作られており

透過するのは首のクリアな部分

f:id:ri_kn:20210131160356j:plain

透過させるとこんな感じ

シルエットはしっかり写り

首部分だけ光が透過して

Little kiwiといえど

かっこいいしっかりした影ができる

 

f:id:ri_kn:20210131160720j:plain

ボディ部分にはラスターで綺麗に羽模様が描かれている

手作業とは思えないほど美しく均等に書かれており

職人さんの実力に驚かされる

 

この配色の羽模様とフォルムとサイズ感が相まって

「まつぼっくり」のように見えるのは自分だけだろうか、、、

 

f:id:ri_kn:20210131173140j:plain

カットサインは

My iittala

O.toikka

IITTALA

 

自分が所持しているバードの中では

一番新しいバードでもあるLittle kiwi

 

やっぱり昔のカットサインの方が好きってゆうのが本音のところ

カットサインの字が汚いこともよくあったけど

それでも手彫りの暖かみは機械じゃ出せないな

と思う

 

 

 

f:id:ri_kn:20210131171303j:plain

このLittle kiwiの良いところは

どこに置いても邪魔をしないところだと思う

小ぶりなサイズ感もあり

FINELのケトルのようなヴィンテージ品と並べても

もちろん良いし

 

f:id:ri_kn:20210131171548j:plain

エスプレッソマシンやオーブンなどなど

カニックのキッチン周りにおいても

このように違和感を感じないと思う

 

ヴィンテージ物と相性が良いのは

当たり前といえば当たり前なので

どちらかというと機械やデジタル品などの

現代には欠かせない日用品

ハイテクなものとも合うという表現がいいのかもしれない

 

f:id:ri_kn:20210131172733j:plain

せっかくなので

家にいるBeach kiwiとセットで並べてみた

こうやってみると本当にkiwiシリーズ

特徴をしっかり捉えており仲間の雰囲気がしっかりある

 

f:id:ri_kn:20210131174541j:plain

正面からのフォルムはこんな感じ

親Kiwiの真丸のようなフォルムに比べて

Little kiwiはちょっと潰れたようなおにぎり型で

可愛らしいフォルムをしている

 

別のkiwiシリーズの

Golden kiwiのように

いつかこのLittle Kiwi

親鳥バージョンも販売されるのではないかと想像させられる

 

f:id:ri_kn:20210131174832j:plain

こんな風に机に置いておくだけでもかわいい


kiwiシリーズの中では脇役的な存在の

 

Little kiwi

 

 しかし、スッと現代の日常にも馴染みやすく

他のバードとは違う魅力を持つ

バードなんじゃないかなと思う

 

 

BIRDS BY TOIKKA

Little kiwi

2017