BIRDS BY TOIKKA PINGVIINI | PENGUIN 1991-1997

本日のオイバトイッカのバード

 PENGUIN 1991−1997

f:id:ri_kn:20200910120657j:plain

 

オイバさん曰く

「ペンギン自身が彫刻のようなフォルムで何もする必要がない。」

 

その通りシンプルで見たまんま一目でペンギンとわかるフォルム

f:id:ri_kn:20200910121547j:plain

f:id:ri_kn:20200910121653j:plain

頭部と銅の接合部が光がはいると気泡が反射し

水中の中のようにとても綺麗

f:id:ri_kn:20200910121943j:plain

うちのペンギンは、クチバシがキュッと上向きで

ちょっと生意気で自信のあるようなペンギンに見える 笑

口の角度ひとつで表情が変わるので

好みのバードを選ぶための一つのポイント

f:id:ri_kn:20200910123948j:plain

尻尾は小さく控えめでとてもキュート

細かくみると白と黒のボディにクリアのガラスが巻かれているのがよくわかる。

オイバ・トイッカのバードではよくみる手法

 

f:id:ri_kn:20200910130556j:plain

サインは底面に手彫りで

O.Toikka Nuutajarvi

最近はサンドブラストによるサインになりちょっとオリジナリティーが失われているような気がする。

 

ヴィンテージバードは手彫りも多く

職人さんによって、何を書いてあるかわからないバードも多いが

そこも手作りの良さで うちのペンギンのサインはとても綺麗だと思う。

 

f:id:ri_kn:20200910122918j:plain

ペンギンとゆうだけあって真っ白の台にもとても似合う

透過性のバードではないため影はシルエットの形のまま。コロンと可愛らしいシルエット

f:id:ri_kn:20200910131400j:plain

白や黒のモノトーンのテーブルなどに飾り

シックにモードにするのもとても似合いそう

 

 

f:id:ri_kn:20200910131908j:plain

f:id:ri_kn:20200910131711j:plain

光と影がどちらも入るような場所に置くと

白と黒のコントラストがとても映える

私の家にはウッド調の家具が多いため必然的にウッド写真が多くなる 笑

 

 

f:id:ri_kn:20200910132316j:plain

オイバ・トイッカのバードのペンギンは

頭部も真っ黒なものや、地域限定のバード

アメジストカラーのものなど、何種類かあり

セットで飾り空間を少し涼しげにするのもいいと思う。

 

f:id:ri_kn:20200910132959j:plain

朝食や日常の1ページにバードを飾ると

ほんの少し食卓が明るく暖かくなるのがバードの魅力だ

 

f:id:ri_kn:20200910133326j:plain

f:id:ri_kn:20200910133405j:plain


BIRDS BY TOIKKA

PINGVIINI | PENGUIN

1991-1997