BIRDS BY TOIKKA KIHU | LABBE

今日はバードコレクターにもとても人気なバード

 

ヴィンテージっぽい雰囲気がむんむんとあり、

 

個人的に、

今後ますます見つけずらくなっているなと感じるバード

 

KIHU | LABBE

f:id:ri_kn:20210418104858j:plain

対のバード

SPECIES OF TURN

とともに3000ピース限定で

1988から1992年の間に販売されたバード

 

ぱっと見、渋い地味めのバードにも見えるが

緑がかったブラウン、琥珀色系の二層のボディを持っておりボディを

フロストのクリアガラスで覆っている造りになっている

f:id:ri_kn:20210418113205j:plain



そのため光を透過させると

ボディ内側からとても綺麗な琥珀色が現れ

美しさ、魅力がグンと増して見える

 

f:id:ri_kn:20210418110646j:plain

f:id:ri_kn:20210418110723j:plain

色むらのある内側の琥珀ボディに陰影がしっかり現れて

宝石のようにキラキラしてくる

 

 

 

f:id:ri_kn:20210418110456j:plain

初めて、猛禽類系のクチバシを持ったのもこの二羽のバードで

ぱっと見ブラックに見えているこのクチバシ

 

f:id:ri_kn:20210418112723j:plain

透過させて、よく見ると

おそらくダークライラック

 

凛として強そうな見た目に

ライラックのミステリアスな雰囲気が見事にマッチしているとおもう

 

 

f:id:ri_kn:20210418113815j:plain

バードシリーズでたまにある

二つに割れてツイストしている尾っぽ

一番最初にツインテイルを採用したのもこちらのバード

尻尾先端まで琥珀が入っているのも良いポイント

 

 

先ほど

このバードがどんどん見つけずらくなっていくと言ったのは

まず市場にもなかなか見当たらなくなっていること、

 

そこはまぁどのバードも同じかなとも思うけど

 

このバードとにかく

破損がとても多い!!!

この尾っぽに欠けがあることがとても多く、

 

いざ良い個体の子を見かけてもチップのあるものがほとんどだった

 

ので3000体とそれなりに多い個体数だけど

今現在で完品となるとかなり少ないんじゃないかなと思う

 

 

f:id:ri_kn:20210418114902j:plain

ボディそ底部からトグル状に模様を描いて

羽を描いている

底からみると中の形状もわかりやすい

この羽模様の色が青っぽいものと白っぽいものがあり

この羽模様のカラーリングの違いで個体差が現れやすいと思う

 

f:id:ri_kn:20210418115242j:plain

手書きのサイン

古めなバードのためNotsjoの刻印もされている

(一応シリアルナンバーは消させていただいた)

 

 

 

f:id:ri_kn:20210418115517j:plain

f:id:ri_kn:20210418115555j:plain

わりと大柄のバードでもあり

アメリカンテイストの雰囲気もあって

趣味のラテアートと並べるのも良い感じ

 

ヴィンテージとアートの雰囲気がとてもカッコいい

 

 

f:id:ri_kn:20210418120613j:plain

偶然にも状態の良い

綺麗なLABBEと出会えた

自分自身、猛禽類系のクチバシのバードがとても好きで

初代ともいえるLABBE

 

ツインテイルも初めての採用のバードなので

後のバードにかなり影響も与えているような気がする

 

 

ぱっと見の印象は男性的な強い雰囲気もありながら

クールなキリッとしたバードにも思える

 

いろんなバードの要素が詰まった

ヴィンテージの雰囲気がたっぷりのオススメのバード

 

BIRDS   BY   TOIKKA

KIHU  |  LABBE

1988-1992