toikka bird travel camera

Cambodia ③  アンコール遺跡群 小回りスタート!!  タ・プローム アンコール・トム

前回記事はこちら↓

www.palettebird-blog.com

 

おなかも膨れたところで

トゥクトゥクをぶっ飛ばし

タプロームにつくと

f:id:ri_kn:20201021234448j:plain

さっそく

シンハー(獅子)

ガルーダ(霊鳥)? がお出迎え

 

タプロームは12世紀にクメール王朝によって建てられました。

映画『トゥームレイダーの舞台にもなり一躍有名になりました

 

ガジュマルの根に覆われた景色は自然の強さをものがたり

美しく、圧倒的なパワーが怖さすら感じる空間でした

f:id:ri_kn:20201022000705j:plain

遺跡を覆い尽くすガジュマルの根

何年越しにこれだけの根になったのか考えさせられる

 

f:id:ri_kn:20201022000956j:plain

観光の方たちも

これほどの遺跡はおそらくなかなか見ることがないので

撮影の行列ができています

 

鳥の足と言われている部分です

タプロームのガジュマルの浸食は止まることを知らず

行くたびに建物の崩壊が進んでいくので

今のタプローム は今しかなく、とても儚い遺跡となっています

f:id:ri_kn:20201022002007j:plain

ちなみに


このタプローム 

ジブリの『天空の城ラピュタ』のモデルになったとも言われています

 

しかし

ラピュタ公開時には

カンボジア自体渡航もしにくい場所だったため否定的な意見も出ています。

f:id:ri_kn:20201022002640j:plain

ラピュタっぽい雰囲気が溢れる

f:id:ri_kn:20201022002753j:plain

人と比較すると

ガジュマルの大きさがわかる

 

立ち止まって自然のパワーを味わっている人がたくさんいました

 

f:id:ri_kn:20201022003106j:plain

数百年、森の中で一目につかず

森に侵略されていた遺跡なのでほとんどのレリーフ

破損しています

 

f:id:ri_kn:20201022002956j:plain

そんななか

比較的綺麗に残っているレリーフもありました

 

タプロームには歴史も深いので、

興味のある方は歴史を学んでから散策すると、より一層、

タプロームが好きになると思います。

 

 

 

たくさん自然のパワーをもらったところで

f:id:ri_kn:20201022003715j:plain

気になっていたパインを食べる

水分補給!!!(ほんとに大事!!!)

 

次はアンコールトムです

アンコールトムはアンコールトムという寺院や遺跡があるわけでなく

その都市一帯の呼び名です

 

トゥクトゥクであっとゆうまにつきます

 

トゥクトゥクでは止まって欲しい場所ではっきりと

 

STOP!

 

いいましょう。

自分は少し逃してしまい

最初の門などが写真に残せなかったのが後悔したので、、、

 

さて

何も言えない自分はアンコールトムの中心

f:id:ri_kn:20201022004054j:plain

バイヨン』に到着しました!

これ、ちょっと不思議なんですが

石像の下に

なぜか英語でBAYONと書かれたプレートがあったのです

 

『普通カンボジアの言葉じゃないの!?』

 

もしかして観光用に作られた石プレートなのか

と思いました。

 

f:id:ri_kn:20201022005119j:plain

こちらバイヨン全貌です

 

f:id:ri_kn:20201022005234j:plain

修学旅行みたいなものなのか

現地の子供達も参りに来ていました

 

ちなみにカンボジアでは

頭を撫でることは侮辱と捉えられるため

どれだけ可愛くても頭は撫でないようにしましょう!!!注

 

f:id:ri_kn:20201022005509j:plain

バイヨン内

有名の四面像です

この顔は観世音菩薩の顔と言われていますが

創建者であるジャヤヴァルマン7世の顔という説もあります。

 

f:id:ri_kn:20201022010253j:plain

アップにするとこんな感じ

どこに位置も視線を感じ

少し不気味に微笑んでいる

 

f:id:ri_kn:20201022010358j:plain

f:id:ri_kn:20201022010451j:plain

こちらはタプロームと違い

壁面のレリーフも綺麗に残っている

 

おそらくずっと綺麗に守られてきたのだろう

 

f:id:ri_kn:20201022095156j:plain

有名な象のテラス

かつての王宮の目の前にあり

王族が閲兵をしていた場所とも言われている

 

f:id:ri_kn:20201022095641j:plain

かつての王様が見ていた景色

今は芝が広がっている

 

f:id:ri_kn:20201022100159j:plain

『STOP!!』

出る時は言えました 笑

 

南大門です

アンコールトムには5つの門があり

こちらの南大門が一番保存状態がいいため

観光客がたくさんいます

 

次は、

 

アンコールワット

 

カンボジアの国旗にもなっている

象徴とも言える遺跡

 

ドキドキしながら向かいます。

その記事は次回に^_^